ドコモのスマホ 新料金プラン(パケット)をわかりやすく解説

ドコモのスマホ 新料金プラン(パケット)をわかりやすく解説

ドコモの新料金プランを解説

 

この秋から、ドコモのスマートフォンは新料金プランを発表しました!
いままでのプラントは違い、通話し放題でパケット通信料を選ぶことで携帯の料金を安く抑えることができるようになりました。

 

そこで、ドコモの新料金プランをGalaxy S5を例にして詳しく解説していきます!

 

 

端末を一括で購入すれば、月額料金は安い

 

ドコモでは、2年で契約すると端末代を分割で購入するというシステムになります。

 

2年での契約なら、月額料金がいくらか割引になるので端末代を安く購入することができます。ただし、月額料金が高くなってしまったり、途中で解約すると違約金が発生するというデメリットがあります。

 

端末を一括で購入すれば、初期費用はかなりかかってしまいますが月額料金を安く抑えることができて、2年未満で解約することもできます。

 

Galaxy S5の場合、新規だと24回払いで月額料金の最安は9,342円ですが、一括で端末を購入すると、端末代は93,312円かかりますが月額料金は最安で5,454円に抑えることができます。

 

 

パケット料金は3つから自分が使う量で選べる

 

パケット料金は、データSパック(2GB)、データMパック(5GB)、データLパック(8GB)のプランから選ぶことができます。料金は、2GBで3,780円、5GBで5,400円、8GBで7,236円です。

 

毎月どれだけパケット通信をするかでプランを選べるので、うまくいけば料金をかなり抑えることができます。

 

 

一定量の通信をしたら、速度制限がかかる

 

一定量以上のパケット通信量を超えてしまった場合、通信制限が掛かってしまう場合があります。

 

契約しているパケットプランの容量を超えてしまった場合は、受信速度が128kbpsの低速になってしまいます。速度制限を解除するには、一定の解除料が発生していまうので注意が必要です。

 

テザリング等でデータ通信をたくさんする方は速度制限がないWiMAX2に切り替える事も1つの選択肢になるでしょう。

 

また、家族でドコモに契約している場合、家族でパケットをシェアすることができるので、あまり通信をしない家族からパケットを分けてもらうということもできます。

 

ドコモのスマホとWiMAX2を併用するなら

konegtu

WiMAX2はプロバイダ(どこで申し込むか)によってキャンペーンや初期費用、月額料金等が変わります。

WiMAX2のサービス自体はどこから申し込んでも同じですが、申し込むプロバイダによってキャッシュバックの有無、金額等に顕著な差が出ます。

特に、スマホのパケットを定額から従量プランに切り替える際に違約金等が発生する可能性がある方もいますので、それを補てんする意味でもWiMAX2のプロバイダ選びは慎重に行う事を個人的にはお奨めします。

konegtu WiMAX2の現在のキャンペーン状況まとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ