ドコモの通話料金プラン

ドコモの通話料金プラン

ドコモの通話向け 3つの料金プラン

 

ドコモのスマートフォン、ガラケーでの通話料金が高額になってしまっているという人は、プランを見直した方がいいかもしれません。

 

通話プランを見直して、よりお得にスマホやガラケーを使ってみてはいかがでしょうか。ドコモの通話プランで代表的な3つのプランをまとめてみたので参考にしてみてください!

 

 

カケホーダイ

 

ドコモが新しく提供している通話プランのカケホーダイは、どれだけ通話しても料金が定額なのが魅力的なプランです。

 

カケホーダイなら、ドコモ以外の携帯電話、固定電話にどの時間帯に何時間掛けても料金は定額でりようすることができます。

 

スマートフォンでも、ガラケーでも利用することが可能です。
スマホの場合は、月額2,700円、ガラケーの場合は月額2,200円で通話し放題になります!

 

 

バリュープラン

 

基本使用料を安く抑えたい、もしくは新プランではなく今までのプランで利用するときに安く通話をすることができるのがバリュープランです。

 

こちらから発信するのではなく、待ち受けメインという場合はタイプSS バリューにすると、通話料金は30秒で20円での通話になります。

 

タイプS バリューで30秒18円、タイプM バリューで30秒14円、タイプL バリューで30秒10円、タイプLL バリューで7.5円通話をすることができます!

 

 

ベーシックプラン

 

ガラケー向きのベーシックプランも、通話料は30秒ごとに発生します。

 

タイプSSで20円、タイプSで18円、タイプMで14円、タイプLで10円、タイプLLで7.5円とバリュープランと同じ料金設定になっています!

 

 

通話時間でプランを選ぶのがお得

 

1ヵ月でどれくらい時間、通話をするのかでプランを選ぶと今よりもお得になる可能性があります。

 

頻繁に通話をするという場合は、カケホーダイ、待ち受けが多く通話をあまりしないという場合は、いままでのバリュープランやベーシックプランを選ぶといいかもしれません!

 

自分がどれだけ通話をするのかを把握して、通話プランを見直してみてはいかがでしょうか!

ドコモのスマホとWiMAX2を併用するなら

konegtu

WiMAX2はプロバイダ(どこで申し込むか)によってキャンペーンや初期費用、月額料金等が変わります。

WiMAX2のサービス自体はどこから申し込んでも同じですが、申し込むプロバイダによってキャッシュバックの有無、金額等に顕著な差が出ます。

特に、スマホのパケットを定額から従量プランに切り替える際に違約金等が発生する可能性がある方もいますので、それを補てんする意味でもWiMAX2のプロバイダ選びは慎重に行う事を個人的にはお奨めします。

konegtu WiMAX2の現在のキャンペーン状況まとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ