WiMAXでスマートフォン以外の通信費もさらに節約 

WiMAXでスマートフォン以外の通信費もさらに節約 

WiMAXでスマホ以外の通信費も節約

 

WiMAXの大きな特徴は、モバイルWi-Fiでありながら高速、さらに通信制限が課せられないという点にあります。これは、使い方によっては光回線やADSLの代わりに運用できるということを意味していています。

 

 

そのため、このWiMAXの特徴を上手く利用することで、月々の通信費をグッと圧縮することが可能となります。ここでは、一人暮らしの方に特におすすめの、WiMAXを使った通信費削減方法についてご紹介していきましょう。

 

 

自宅でWiMAXを使って、光回線やADSLを解約する

 

WiMAXは「建物内の接続が弱い」というデメリットがあるとされていますが、窓辺にルータを置くなど工夫することで、安定した高速接続が可能となります。実際、自宅で使用する光やADSL回線とWiMAXの接続に、速度的な違いを感じないというケースも少なくありません。

 

 

こういった場合は光回線やADSLを解約し、WiMAXに一本化することで、月々の通信料を圧縮することが可能です。これだけで、毎月の通信料は軽く5,000円程度削減することができるのではないでしょうか?

 

 

また、一人暮らしの方の場合は、家族のために家にルーターを残しておく必要がありませんので、WiMAX一本化の運用は大変やりやすいですよ。

 

 

WiMAXでパケット通信料も削減する

 

最近は、携帯電話というとスマートフォンが主流となりつつありますが「スマフォは維持費が高い……」とお悩みの方も多いようです。確かに、スマートフォンの契約は「月額料金+スマートフォン用パケット定額プラン」が基本となっているため、月々の通信費が10,000円近くになるというケースも少なくありません。

 

 

このスマートフォンの維持費が高額になっている原因の一つが「スマートフォン用パケット定額プラン」にあります。このスマートフォン用パケット定額プラン、各携帯会社の平均値を出すと月々およそ5,700円となっていて、これだけで戸建住宅の光回線維持コストと変わらない料金です。

 

 

ここで、WiMAXでのスマートフォン運用を考えてみましょう。スマートフォンの接続をWiMAXに切り替えた場合、パケットを使わないインターネット接続が可能となりますので、この高額なスマートフォン用パケット定額プランをより安いプランへ変更することが可能となります。

 

 

上手に切り替えが行えれば、パケット通信料を毎月1,100円程度に抑えることもできるので、是非試してみて下さいね。

ドコモのスマホとWiMAX2を併用するなら

konegtu

WiMAX2はプロバイダ(どこで申し込むか)によってキャンペーンや初期費用、月額料金等が変わります。

WiMAX2のサービス自体はどこから申し込んでも同じですが、申し込むプロバイダによってキャッシュバックの有無、金額等に顕著な差が出ます。

特に、スマホのパケットを定額から従量プランに切り替える際に違約金等が発生する可能性がある方もいますので、それを補てんする意味でもWiMAX2のプロバイダ選びは慎重に行う事を個人的にはお奨めします。

konegtu WiMAX2の現在のキャンペーン状況まとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ