WiMAXを実際に利用している感想

WiMAXを実際に利用している感想

WiMAXを3年間利用している感想

 

WiMAXを使い始めて3年以上たちますが、実は今までほとんど不満を感じたことがありません。私がWiMAXを申込んだきっかけは引越しで、新居にフレッツ光が開通するまでの「繋ぎ」のつもりで利用していました。

 

 

申込前には「雨の日は通信速度が著しく落ちる」「屋内での使用は厳しい場合がある」といったマイナス要素も数多く耳にしていましたが、実際利用してみると通信が非常に安定しており、スピードテストを行っても常時20Mbpsをキープしていて驚きました。

 

 

「これだけ速度が出るのであれば、光回線は必要ないのではないか?」
と考えたこともありましたが、家の場合は固定回線の電話番号(ひかり電話)のことや通信の安定性を考えると、やはりWiMAXへの一本化は難しいという結論に達しました。

 

 

一人暮らしならWiMAXだけで十分

 

とはいえ、固定電話(ひかり電話)が必要なく、WiMAXの他にテザリングができる端末などを持っているといった方の場合は、WiMAX一本化して全く問題ないだろうと思います。それだけ、WiMAXは「こなれた」サービスだと感じています。

 

 

WiMAXを利用していて良かったと感じるのは、やはり自宅外でのネット利用が快適になったことにあります。
以前は外出先でテザリングや、モバイル端末を利用した接続を行っていましたが、バッテリーや料金、速度などの面で不満を感じることが少なくありませんでした。しかし、WiMAXを導入してからは、それらの不満や悩みが一度に解消したため大変満足しています。

 

 

また、外出時には必ずWiMAXルーターを鞄に入れて出かけているのですが、ルーター自体が大変頑丈で、割とぞんざいに扱っても機能不全を起こすといったことがありません。これは、やはりモバイル端末という「持ち運び」を重視した設計がなされているからこそだと感じていて、こういった所からも、WiMAXというサービスの信用性の高さが伺えると思っています。

 

 

WiMAXは、使ってみて初めて実感する快適さや面白さのあるサービスです。
無料で体験できる「Try WiMAX」などのサービスもありますので、WiMAXが気になっている方には、どんどん手に取っていただきたいと思います。

ドコモのスマホとWiMAX2を併用するなら

konegtu

WiMAX2はプロバイダ(どこで申し込むか)によってキャンペーンや初期費用、月額料金等が変わります。

WiMAX2のサービス自体はどこから申し込んでも同じですが、申し込むプロバイダによってキャッシュバックの有無、金額等に顕著な差が出ます。

特に、スマホのパケットを定額から従量プランに切り替える際に違約金等が発生する可能性がある方もいますので、それを補てんする意味でもWiMAX2のプロバイダ選びは慎重に行う事を個人的にはお奨めします。

konegtu WiMAX2の現在のキャンペーン状況まとめ

ホーム RSS購読 サイトマップ